前へ
次へ

野菜炒めの基本で野菜を同じ大きさに切りそろえる

野菜炒めは簡単に作れる料理の一つで、材料の野菜を刻んで炒めるだけなので簡単に作ることができるでしょう。
簡単に作れるのはいいですが、美味しく作れるかどうかは別の話です。
食堂や中華料理店などで出される野菜炒めはシャキシャキしているのでご飯に良くあって美味しいです。
でも自宅の野菜炒めはべちゃべちゃになりやすいです。
野菜炒めがべちゃべちゃになりやすいのは野菜から水分が出るためです。
中華料理店では強火で調理をし、さらに火に野菜をくぐらせたりしながら作るので水分がしっかり飛ぶため水気をシャットアウトできます。
ただ中華料理店のような強い火力を持つレンジを自宅に用意するのは難しいです。
野菜から水分を出さずに炒めるにはまず野菜の大きさをそろえるようにしましょう。
これにより炒める時間を少なくできます。
大きさがばらばらだとダラダラと炒めるためどうしても時間が長くなりその間に水分が出てきます。
キャベツなどは大きい方が良いように感じますが、小さめに切った方が良いでしょう。

Page Top