前へ
次へ

根菜類は育ちすぎたものに注意が必要

スーパーで野菜を選ぶとき一ついくらならできるだけ大きいものを選ぼうとするかもしれません。
スーパーでは大体同じくらいの大きさの物なので大きいものを選んだ方が得のこともあります。
ただ必ずしも大きいものが得で美味しいとは限らないときもあるので、注意しながら選ぶようにしましょう。
スーパーの野菜は契約農家から一定の基準の野菜が出荷されるので、育ちが足りないものや育ちすぎたものが売られることは少ないです。
育ちが少なければ固かったりするので食べにくい時もあるでしょう。
育ちすぎると味が大味になり美味しくなくなるときがあります。
また見た目が大きいものの中がかすかすだったりします。
それぞれの野菜のちょうどいい大きさを知っていると、選ぶときに困らないでしょう。
いつもこれくらいのサイズを買うと決めていれば、それより小さいものや大きいものを選ぶのを防いでくれます。
葉物の野菜になると選び方が変わってくることもあるので、野菜ごとに選ぶ規準を知っておくと良いでしょう。

Page Top